舌の病気の原因と症状

白い舌や口内炎や痛みなど舌の病気の原因と症状を解説します。舌の口内炎の種類がどれくらいあるかご存知でしょうか。口内炎の症状にもよりますが、口内炎だと思っていたものが舌がんの可能性もあることは否定するこはできません。舌苔は口臭の原因にもなるといわれています、ですので、歯を磨く時には、歯と同じように舌も磨いてあげるクセをつけるといいですね。

スポンサードリンク

舌の病気の症状

015.gif舌の病気の症状

舌の大きな役割といえば、甘い、苦い、辛い、酸っぱいなどといった味覚を感じることです。他にも、舌は物を食べたり、人と話をする時や、食べ物の消化を助けるといった役割も担っています。
舌の病気や症状を見てみると、「舌苔(ぜったい)」というものがります。これは、白い苔のようなものが舌の表面につくといった症状があり、食べカスや細菌、すでに働かなくなった白血球などが正体だとされています。
舌苔は口臭の原因にもなるといわれています、ですので、歯を磨く時には、歯と同じように舌も磨いてあげるクセをつけるといいですね。そうすれば口臭を予防することができます。ですが、舌の磨き過ぎというのもいけませんから、適度に行うようにしましょう。
また、舌の病気の一つである味覚障害は、味がよくわからなかったり口の中が苦いなどといった味覚の異常を訴える症状だというこはよく知られていると思います。
味覚障害の患者の数は年々増加傾向にあり、現在では若い方が味覚障害になってしまうというケースも非常に増えてきているといいます。
たかが舌ですが、されど舌です。
舌の病気になってしまったり最悪の場合舌がなくなってしまったら、食べることも話すこともできません。
一日に一度は舌をきれいにしてあげて、自分の舌をチェックする習慣をつけるといいですね。
タグ: 病気 症状

舌が白い病気と原因

018.gif舌が白い病気と原因

自分の舌をよく見たことってありますか。一日に一回見ることもないかもしれないですよね。
東洋医学では舌を診断することは多く、舌の状態で判断することもあります。
例えば、舌の両側がギザギザになっている方は、体の新陳代謝や水分代謝が低下しているといいます。舌が膨張してしまい、歯型がついてしまっているということです。簡単に言ってしまうと、エネルギーが不足していて疲れていることが原因で起こるといいます。
そして舌自体がギザギザしている方は、舌が白くなっていることが多いといいます。
舌が白い原因としては、体が冷えていたり、新陳代謝が悪かったり内臓の働きが鈍っているということから起こっているといいます。
また、舌が白い病気になってしまうのは、
カンジダという菌の一種が増えることで起こります。これは細菌に感染したというわけではなく、ただ体が弱っただけと考えられているのできちんと休みを取ったり睡眠を長く取るように心がければ治るそうです。
あまり、舌を気をつけてみている方というのは少ないと思いますが、知らない病気もたくさんあるので、一日に一回は自分の舌をチェックするクセをつけるといいかもしれないですね。
タグ: 病気

舌に痛いできもの(出来物、デキモノ)

012.gif舌に痛いできもの(出来物、デキモノ)といったら口内炎ですよね。大きさはそうでもないのに、痛みだけはとても大きくとても厄介なものではないでしょうか。
口内炎の症状にもよりますが、口内炎だと思っていたものが舌がんの可能性もあることは否定するこはできません。
舌がんは、白いブツブツのようなものや赤いブツブツのようなものが一緒になっている腫瘤が舌の表面にできます。また、ただれた潰瘍や苔のようなものがあるのが特徴だといいます。
舌のできもの(口内炎)は外へ飛火したりといったこともあるようなので、少しでも以上を感じたらいつもの口内炎だと思わずに、なるべく早く病院に行って専門家に診てもらいましょう。
そして、舌の表面にできた白い盛り上がったものの境がはっきりわかる時は「白板症」や、白いイボのような腫瘤が舌の表面にできてくる「乳頭腫」などは、舌がんになる前段階の状態ともいえるようです。
ですから、安易に口内炎だと放っておかずに、きちんと医師に診てもらうようにしなければ命も危険にさらされてしまいます。よく自分の舌を観察する習慣をつけたほうがいいかもしれないですね。
舌に痛いできもの(出来物、デキモノ)には注意しましょう。
タグ:できもの

舌の口内炎の種類

011.gif舌の口内炎の種類がどれくらいあるかご存知でしょうか。
口内炎というのは口や唇にもできますし、舌に口内炎が繰り返すようにできてしまうとそれだけでも辛いのに、できた場所にとっては、食事するのも話をするのも痛くて嫌になってしまうものですよね。
一つだけでも本当に辛いのに、一度に2個も3個もできてしまうとたまらなくつらいものです。このように、何個も、何回も繰り返しできる口内炎に悩んでいる人は実はとても多いようですが、口内炎ができる原因については、あまり多くの情報が流れないので知らない方がたくさんいるといいます。例えば、
口内炎というのは、舌にできるいろいろな原因による炎症性びらんや水ほう、また潰瘍性病変などの総合的に含めて全てのことを口内炎と考えることができます。
その多くはアフタ性口内炎だといいますが、カタル性口内炎と呼ばれるもの、ウィルス性口内炎、カビによる口内炎、アレルギーによる口内炎、ニコチン性口内炎などが種類としてはあげられるといいます。口内炎の種類によって、原因も全て違うものです。安易に口内炎だと決め付けず、原因を究明することが大切だと思います。
タグ:口内炎

舌の痛みの原因と病気

007.gif舌の痛みの原因と病気

舌の板も原因に味覚障害があるといいます。
甘いといったことや苦いといった味覚は、舌や上あご、またのどの奥に広がる味蕾(みらい)という微小な器官で感じとっているといいます。その中でも、味蕾というのは短い間で新陳代謝を繰り返しているため、細胞が生まれ変わる時には亜鉛を必要としているそうです。
そしてその味蕾は、加齢とともに数が減少してくる傾向があるため、高齢になると味覚が衰えてくるのはこういったことから起こります。
ですが、最近ではまだまだ若い世代の10代や20代の人にも味覚障害が増えているといいます。その一番の原因というのが亜鉛不足だといわれています。
また、降圧利尿剤や抗ヒスタミン剤、ペニシリン系を中心とした抗生物質、副腎皮質ホルモン剤などの薬を長い間服用している生活がある方も、味覚障害になる可能性もあるといいます。また、溶血性貧血や現代病のひとつでもある糖尿病、肝不全などの肝臓病、舌炎などの舌の
病気、ネフローゼなどといった病気が原因となることで味覚障害が起こることもあるといいます。また、うつ病やストレスといったことも味覚障害を招くことがあるといわれています。

タグ:

舌の口内炎の原因

006.gif舌の口内炎の原因

舌にできた口内炎は、痛いですよね。場所によって本当に辛い思いをするものもあります。
口内炎の原因は、体調を崩してしまっていたり、身体に何らかの慢性疾患などが原因となって
できてしまうと言われています。口内炎ができると2、3日では治りません。
また、慢性疾患が原因で起こっている口内炎については、慢性疾患を解消するためにも体をきちんとコントロールすることが大切になります。体調が崩れてしまったことが原因なら、十分な栄養を取ることときちんと睡眠をとることが一番大切ですし、対処法だともいえると思います。また、口内炎は体調の鏡とも言われているように、体調がくずれると、口内炎などといったようにいろいろな症状がでてくるので舌にできた口内炎は体調の鏡とも言われています。
そして、口の両端がただれている状態や切れてしまう病気もあります。
口を大きく開けるといった動作は、その部分がひきつれてしまって痛いですし、場合によっては出血といったことも起こります。
こういったタイプの口内炎は、口角炎といわれています。この口角炎の原因になっているといわれているのが、ビタミンB2が足りないことによって起こるようです。
ということは、バランスの取れた食事を心がけるといったことが口内炎を予防する大切なことなのだと思います。

タグ: 口内炎
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。