舌の病気の原因と症状

舌の口内炎の原因

006.gif舌の口内炎の原因

舌にできた口内炎は、痛いですよね。場所によって本当に辛い思いをするものもあります。
口内炎の原因は、体調を崩してしまっていたり、身体に何らかの慢性疾患などが原因となって
できてしまうと言われています。口内炎ができると2、3日では治りません。
また、慢性疾患が原因で起こっている口内炎については、慢性疾患を解消するためにも体をきちんとコントロールすることが大切になります。体調が崩れてしまったことが原因なら、十分な栄養を取ることときちんと睡眠をとることが一番大切ですし、対処法だともいえると思います。また、口内炎は体調の鏡とも言われているように、体調がくずれると、口内炎などといったようにいろいろな症状がでてくるので舌にできた口内炎は体調の鏡とも言われています。
そして、口の両端がただれている状態や切れてしまう病気もあります。
口を大きく開けるといった動作は、その部分がひきつれてしまって痛いですし、場合によっては出血といったことも起こります。
こういったタイプの口内炎は、口角炎といわれています。この口角炎の原因になっているといわれているのが、ビタミンB2が足りないことによって起こるようです。
ということは、バランスの取れた食事を心がけるといったことが口内炎を予防する大切なことなのだと思います。

タグ: 口内炎

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。