舌の病気の原因と症状

舌の痛みの原因と病気

007.gif舌の痛みの原因と病気

舌の板も原因に味覚障害があるといいます。
甘いといったことや苦いといった味覚は、舌や上あご、またのどの奥に広がる味蕾(みらい)という微小な器官で感じとっているといいます。その中でも、味蕾というのは短い間で新陳代謝を繰り返しているため、細胞が生まれ変わる時には亜鉛を必要としているそうです。
そしてその味蕾は、加齢とともに数が減少してくる傾向があるため、高齢になると味覚が衰えてくるのはこういったことから起こります。
ですが、最近ではまだまだ若い世代の10代や20代の人にも味覚障害が増えているといいます。その一番の原因というのが亜鉛不足だといわれています。
また、降圧利尿剤や抗ヒスタミン剤、ペニシリン系を中心とした抗生物質、副腎皮質ホルモン剤などの薬を長い間服用している生活がある方も、味覚障害になる可能性もあるといいます。また、溶血性貧血や現代病のひとつでもある糖尿病、肝不全などの肝臓病、舌炎などの舌の
病気、ネフローゼなどといった病気が原因となることで味覚障害が起こることもあるといいます。また、うつ病やストレスといったことも味覚障害を招くことがあるといわれています。

タグ:

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。